HOME > プリペイドカードの歴史

GIC TOKYO

HOME

プリペイドカードの歴史

弊社が日本最初の国際電話プリペイドカードを作成・販売

コレクトコールによる国際電話プリペイドカードを販売

1987年

コレクトコールによる国際電話プリペイドカードを販売

GIC名にてスプリント(USA電話会社)との提携カードを販売

1994年8月18日

GIC名にてスプリント(USA電話会社)との提携カードを販売

KDD(現KDDI社)との契約にて海外から日本への国際電話カードを販売

1995年8月23日

KDD(現KDDI社)との契約にて海外から日本への国際電話カードを販売

KDD(現KDDI社)との契約にて日本から海外への国際電話カードを販売

1995年11月1日

KDD(現KDDI社)との契約にて日本から海外への国際電話カードを販売

ITJ(現ソフトバンク社)との契約にて日本から海外への国際電話カードを販売

1996年12月1日

ITJ(現ソフトバンク社)との契約にて日本から海外への国際電話カードを販売

KDD SUPERWORLD CARD

1995年12月1日

 

0061 LOVE LOVE WORLD CARD

1996年11月2日

 

GIC International Telephone Card

1996年12月1日

 

そして現在、色々のプリペイドカード(携帯電話・国際電話・インターネット)が氾濫いたしております。

 

 

「リアルカード」から「カードレス」へ

プリペイドカードの問題点
  • 1.流通コストがかかる
  • 2.コンビニ等代理店はカード購入資金・保管が大変
  • 3.キャリアはカードを作成しなければなりません
  • 4.欠品・在庫残のリスク
  • 5.盗難・紛失のリスク

など

これらの問題点を解決するため、カードレスシステムの特許を考案しました。
カードの手売り販売ではなく、コンビニ店舗にある情報端末機による画面販売になりました。(日本、米国、韓国、中国特許取得済み・EU他特許提出済み)

カードレスシステム

特許を提出後、当時ミニストップ・サンクスにありましたMMSに導入しました。

その後、ローソンと商談し投入が決定しました。

そしてイープラット(ファミリーマート・サークルK・サンクス・ミニストップ・スリーエフ)とトヨタGazooと打合せを開始しファミリーマート・スリーエフ・ガソリンスタンド「ジョモ」に導入いたしました。

カードレスプリペイドサービス

現在はサークルK、サンクス、ココストア、エブリワン、リックマートでバーコードによる販売も開始いたしました。

情報端末機のないコンビニでも販売が可能となりより多くのユーザー様にご購入いただけるようになりました。(台湾、韓国、中国特許取得済み・日本他特許提出済み)

海外では現在、韓国、台湾で発売しています。

関連情報

  • 不当支払い被害のお問い合わせ
  • プリペイドガードの歴史
ページの先頭へ戻る